KYUSHU4JAPAN-FUK.jpg

2007年05月22日

「ご当地サーダーB-BANZAIサイダー」

 全国サイダーを作ってる会社もまだまだありまして、この「BANZAIサイダー」はサイダー発祥の地「長崎県」にあります。

栓抜きで蓋を開け、飲んでみた。


うーむ・・・。



ラムネとどこが違うのか?



まったく味は同じなんだけどなぁ〜。




で、良く調べると瓶の形状の違いでビー玉で栓をしているのが「ラムネ」、王冠で栓をしているのが「サイダー」らしいのです。


どうりで同じ味だったんだ!!

みなさん知ってました?

どちらにしても瓶に入れてあるのと缶に入れてあるのとでは、瓶の方が数段旨いように思えるのは私だけでしょうか?


今まで飲んできたサイダーはどれもラベルがかわいいし思わず手にしたくなる商品ですよ。味は殆ど一緒ですけどね。
20070522.jpg


※長崎BANZAI本舗
http://www.nkbanzai.com/product2.php


子育てブログランキングに参加していますポチッと押していただけたら嬉しいです


posted by Kirin at 21:45| 福岡 ☁| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぼくの場合は『サイダー』っていわれると、やっぱり三ツ矢サイダーを想像しますね。今ではすっかりPETボトル入り飲料であるイメージが強いですが、子供の頃に見た三ツ矢はちゃんと瓶に入っていました(^^)

瓶って割れやすいし重くて持ち運びに不便ですけど、特にリターナル瓶の場合は繰り返し使用が可能な環境に優しい容器です。

今はもっぱら売るほうの都合で割れにくく軽量なPET容器に取って代わられていますが、そう遠くない先に訪れる資源不足に対応する意味からも、瓶容器が復権されるといいと思います。
Posted by knyacki at 2007年05月24日 09:30
>knyackiさん
まさにおっしゃる通りだと私も思います。
リサイクルするとはいってもそれなりに遠回りしての再生ですからね。ちなみに私が瓶で思い出すのは300mlのペプシコーラ、瓶にキザキザがついてたファンタ、緑がきれいだったスプライトってとこですね。あ〜懐かしい・・・。
Posted by FB at 2007年05月24日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。