KYUSHU4JAPAN-FUK.jpg

2011年07月06日

「お願いしてみた」

今日の福岡地方、お昼から夕方にかけての豪雨はすごかったです。

せっかくのランチ、悩んだ挙句近場の中華料理屋に行くことにした。

「ニィハオポンユウ」のスーラータンメンが恋しい。と思いながらメニューとにらめっこ。

うーむ、定食脂っこいなぁ〜、チャーハン・・・という気分じゃない。

陽気な中国出身のおばちゃん、「何でもいいですよ〜」とカタコトの日本語で話しかけてくれる。

こうなったら試しに注文してみるか。

「スーラータンメンできる?」


「できるよ〜」。語尾は必ず長めです(笑)

おお!言ってはみるもんだ。ニィハオポンユウに行かなくて近場で食べれる。


暫く待ってると。「お待たせしました〜〜」ここも長めである。


見た目も変わりない。


まずはスープ。


ラー油が利いてて辛い。あれ?酢の味がしない。

俺、味覚おかしいのか?

「どうですか〜〜」

「あぁ、おいしいですよ。もう少し酢が利いてる方がいいかな?」というと「酢」を持ってきてくれた。

時計回りに2周ほど円を書くようにスープに振り掛ける。

するとどうだろう。ちょうどの酸味にたどり着いたではないか。

麺がなくなり、スープをすすってると料理人登場。

「ドウ?」

「スープをご飯の上にかけて食べたくなるね」というと「じゃあご飯持ってきてあげるよ」と言って軽くお茶碗についで持ってきてくれた。

ありがたく白飯の上に餡かけスープをかけてごはんをレンゲで食べると最高に美味い。


今日のランチでの出来事でした。
2011070612100000.JPG



posted by Kirin at 22:35| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。